浮気の慰謝料相場はどのくらい?ケースごとの金額と高額にする方法について

浮気の慰謝料相場

信じていた夫や妻が浮気していると分かったら、とてもショックですし「許せない」と感じるでしょう。

 

そのようなとき「浮気の慰謝料」を請求できますが、慰謝料の金額はどのくらいになるのでしょうか?

 

また、請求するとしてもできるだけ高額な慰謝料を獲得するためにはどうしたらいいか、押さえておきましょう。

 

今回は、浮気の慰謝料相場となるべく高額な浮気の慰謝料を獲得する方法を解説します。

 

浮気の慰謝料とは

浮気の慰謝料

配偶者が浮気をすると、配偶者だけではなく「浮気相手」の男性や女性にも慰謝料請求できます。

 

浮気の慰謝料が発生する根拠

浮気は「違法な行為」であると考えられていますし、配偶者と浮気相手が「故意」によって行うものです。

 

そして浮気によって夫婦の婚姻関係が破綻してしまうため、浮気の被害者は大きな精神的苦痛を受けます。

 

そこで浮気は「不法行為」となり、浮気した配偶者と浮気相手には「損害賠償責任」が発生します。

 

このとき、損害賠償金として支払われるお金が「浮気の慰謝料」です。

 

浮気は配偶者と浮気相手の2名で行うものなので、2人に共同の連帯責任が発生します。

 

連帯責任なので、浮気の被害者は配偶者と浮気相手のどちらに対しても「全額の浮気の慰謝料」を請求できます。

 

浮気の慰謝料相場の重要性

浮気の慰謝料を請求するときに重要なポイントが「いくらの慰謝料を請求するか」です。

 

一般の方は浮気の慰謝料を請求するとしても、一体どのくらいが相場になっているか分からないものです。

 

相場が分からないと、相手から値切られたときに「安すぎる」と気づかず妥協してしまう可能性がありますし、反対にやたらと高額な請求をしすぎて相手から敬遠されてしまうおそれもあります。

 

そこで、浮気の慰謝料請求を成功させるためには浮気の慰謝料の相場を把握しておく必要があります。

 

浮気の慰謝料を請求する際、注意すべき点

浮気の証拠を集める

浮気の慰謝料を請求するとき、2つの注意しておくべき点があります。

 

浮気の証拠があるか

1つは、浮気の証拠があるかどうかという点です。

 

旦那さんや奥さんが浮気をしていても、浮気の証拠がなかったら責任を追及するのは難しくなります。

 

浮気相手に慰謝料請求書を送っても「浮気なんてしていません」と言われたら終わりですし、裁判をしても敗訴してしまいます。

そこで、以下のような浮気の証拠をきっちり揃えましょう。

 

  • メール
  • 手紙、メモ
  • LINEの記録
  • 写真
  • 領収証、クレジットカードの履歴
  • 携帯電話の通話明細書
  • 交通ICカードやETCカードの履歴など
  • 探偵事務所の浮気の調査報告書

特に、探偵事務所の浮気の調査報告書が非常に重要となります。

 

質の良い調査報告書があれば裁判でも十分戦えますので、浮気の慰謝料請求をする前にはできる限り入手しておくようにしましょう。

 

なお、浮気の証拠については、以下の記事で詳しく説明しています

浮気によって夫婦関係が破綻したか

次に重要なポイントは「浮気によって夫婦関係が破綻したか」という点です。

 

浮気によって慰謝料が発生する理由は「浮気のせいで、夫婦の円満な婚姻関係が破綻してしまったから」です。

 

そこで浮気があっても夫婦関係が破綻しなかった場合には、慰謝料が発生しないかかなり安くなってしまいます。

 

たとえば浮気が発覚しても夫婦関係を修復して、元通りの家庭生活に戻れた場合などには慰謝料の相場が100万円を切るケースが多いです。

 

さらに夫婦関係が悪化した後に浮気したケースでも、浮気の慰謝料の相場が減額されます。

 

浮気によって夫婦関係が破綻したのではなく、別原因だからです。

 

特に夫婦の別居後に浮気した場合などには、慰謝料が0円になる可能性すらあります。

 

婚姻期間ごとの浮気の慰謝料の相場

婚姻期間ごとの浮気の慰謝料相場

以下では、具体的な浮気の慰謝料の相場をみていきましょう。

 

浮気の慰謝料の相場は、ずばり「100万円~300万円程度」と言われています。

 

確かに過去の裁判例などをみると、この数字は正しいのですが、実は相当おおざっぱです。

 

実際の浮気の慰謝料の金額は「夫婦の婚姻年数」によって大きく異なるので、まずは「夫婦の結婚年数」ごとの浮気の慰謝料の相場をご紹介します。

 

婚姻年数が短期の場合

婚姻年数が短期の場合とは、だいたい結婚してから1年~5年未満のケースです。

 

この場合の浮気の慰謝料の相場は100万円以下~200万円程度となります。

 

婚姻年数が1年や2年の場合には、100万円か、多くても150万円程度になる例が多いでしょう。

 

婚姻年数が中程度の場合

婚姻年数が中程度の場合とは結婚後5年~10年くらいのケースです。

 

この場合の浮気の慰謝料の相場は、150万円~300万円程度となります。

 

婚姻年数が長期の場合

婚姻年数が長期の場合とは、おおむね結婚後10年以上の場合です。

 

この場合の浮気の慰謝料の相場は200万円~300万円以上となります。

 

このように浮気の慰謝料の金額は婚姻年数によって大きく異なるので、慰謝料請求をするときには、まずは自分たち夫婦の婚姻年数(籍を入れてからの年数)がどのくらいになっているか確認しましょう。

 

婚姻関係が破綻したかしなかったかで変わる浮気の慰謝料の相場

浮気の慰謝料の相場

次に、浮気の慰謝料の相場の金額に影響を与えるのは「婚姻関係が破綻したかどうか」です。

 

浮気があっても、必ずしも夫婦が離婚するとは限りません。

 

別居にとどまるケースもありますし、多少のぎくしゃくはあっても何とか修復する例もあります。

 

不貞を乗り越えて、夫婦の間に新しい子供が産まれる例も珍しくはありません。

 

このように夫婦関係がどうなったかによって、浮気の慰謝料の金額が大きく変わります。

 

以下で、パターン別の浮気の慰謝料の相場を確認しましょう。

 

夫婦が離婚した場合

浮気が原因で夫婦が離婚した場合には、浮気の慰謝料の相場がもっとも高額になります。

 

この場合には300万円やそれ以上になる可能性が高くなります。

 

夫婦が別居した場合

夫婦が離婚にはいたらなかったけれども別居してしまうケースがあります。

 

その場合の浮気の慰謝料相場は、だいたい100万円~200万円程度となります。

 

夫婦が同居したままの場合

浮気があっても夫婦関係を修復して同居したままの状態だと、浮気の慰謝料はもっとも低額になります。

 

この場合の浮気の慰謝料の相場は、100万円を切ってくるでしょう。

 

そこで、なるべく高額な浮気の慰謝料を獲得したいときには夫や妻との夫婦関係にも注意が必要です。

 

もちろん浮気があっても修復できるのは好ましい結果ですから「慰謝料請求するために離婚する」などというのは本末転倒ですが、修復するとその分慰謝料が安くなる点には留意すべきです。

 

離婚しなくても高額な浮気の慰謝料を請求する方法

また、完全に離婚しないと浮気の慰謝料が低額になるわけではありません。

 

離婚協議中や離婚調停中で「近々離婚する可能性が非常に高い場合」などでは「離婚するケース」に準じて高額な浮気の慰謝料が認められる可能性も高くなります。

 

浮気の慰謝料を請求するときに重要な夫婦関係についての説明方法

以上のように、浮気相手に対する慰謝料請求においては、自分たちの夫婦関係をどのように説明するか、裁判になったときに夫婦関係をどのように主張すべきかがとても重要です。

 

適切に対応するには法的に専門的な知識と判断力が必要なので、迷ったときには弁護士に相談しながら決めると良いでしょう。

 

浮気の慰謝料の相場金額に影響を及ぼす要素とは

浮気の慰謝料の相場

なるべく高額な浮気の慰謝料を獲得するためには、浮気の慰謝料の相場金額に影響を及ぼすさまざまな要素について把握しておくべきです。

 

浮気の慰謝料は、以下のような要素によって大きく変動します。

  • 浮気の態様、家庭生活への影響の程度
  • 浮気の頻度、期間
  • 未成年の子どもの有無、人数
  • 浮気相手が妊娠・出産した
  • 浮気の被害者がうつ病になった
  • 浮気の被害者が仕事を辞めた
  • 浮気した人の社会的地位や年収が高い
  • 浮気相手の年齢が高い
  • 反省していない

 

これらに足して、上記の夫婦の婚姻年数や夫婦関係が破綻したかどうかの事情が重要となります。

 

以下では、それぞれの要素がどのように考慮されるのか、順番にみてみましょう。

 

浮気の態様、家庭生活への影響の程度

浮気の態様とは「不貞がどのような方法で行われたか」という問題です。

 

たとえば、配偶者が家を出て行って浮気相手と一緒に住み始めた場合や浮気相手にかまけて家にお金を入れなくなった場合、家にほとんど帰ってこなくなった場合などには、家庭生活への影響が大きく浮気の慰謝料の相場は高額になります。

 

反対に、浮気はしていたけれども極力会社帰りの短い時間などに会っていたり、会う頻度が少なかったりして家庭生活に与えた影響が小さい場合などには、浮気の慰謝料の相場は低額になります。

 

浮気の頻度、期間

浮気の頻度や継続期間によっても浮気の慰謝料の金額が変わります。

 

たとえば毎日や週3回、毎週土日など頻繁に会っている場合には浮気の慰謝料が高額になりますが、1か月に1回やそれ以下しか会っていなかったというケースでは浮気の慰謝料の相場が低額になります。

 

また、浮気の回数も重要で、たった1回だけだったというケースにおいては浮気の慰謝料の相場が相当低額になり、場合によっては慰謝料が発生しない可能性もあります。

 

未成年の子どもの有無、人数

夫婦の間に未成年の子どもがいたかどうかによっても浮気の慰謝料の金額が変わります。

 

未成年の子どもがいる場合、夫婦関係の破綻によって子供も影響を受けるので浮気の慰謝料の相場が高額になりやすいです。

 

未成年の子供の人数が多いとさらに慰謝料が上がります。

 

これに対し、夫婦に子どもがいないケースでは浮気の慰謝料の相場が比較的低額になります。

 

浮気相手が妊娠・出産した

浮気していると、浮気相手の女性が妊娠したり出産したりする可能性があります。

 

このように浮気相手が妊娠・出産すると、当然浮気の被害者は大きな精神的苦痛を受けるので浮気の慰謝料の相場が高額になります。

 

流産・中絶した場合にも浮気の慰謝料は比較的高くなりますが、出産して夫が子供を認知した場合などには、さらに浮気の慰謝料の相場が上がります。

 

浮気の被害者がうつ病になった

配偶者に浮気されると人は大変ショックを受けますので、それをきっかけにうつ病になってしまう例が多いです。

 

このように浮気の被害者がうつ病などの精神病になると、その分精神的被害が大きくなったと考えられるので浮気の慰謝料の相場が増額されやすいです。

 

うつ病になった事実については、精神科医による診断書などで立証しましょう。

 

浮気の被害者が仕事を辞めた

配偶者に浮気をされるとうつ病などにかかって仕事ができなくなり、辞めてしまう方がおられます。

 

また配偶者と浮気相手と同じ職場で働いているケースでは、浮気の被害者の方が耐えられなくなって仕事を辞めてしまう例もみられます。

 

このように、浮気の被害者が浮気によって職を失ってしまったケースでも、浮気の慰謝料の相場が高額になりやすいです。

 

浮気した人の社会的地位や年収が高い

浮気した人が、医師や社長、上場会社の役員、政治家などの年収の高い人であったり学者や知識人など社会的地位の高い人であったりすると、浮気の慰謝料の相場が高額になりやすいです。

 

浮気相手の年齢が高い

浮気相手の年齢が高いと「社会的な分別を持っているべきであるのにあえて浮気をした」と評価されるので、浮気の慰謝料の相場が高額になりやすいです。

 

反省していない

浮気相手が浮気についてまったく反省しておらず、証拠があるのに「浮気していない」などと言って明らかな虚偽を主張していると浮気の慰謝料の相場が高額になりやすいです。

 

また「別れます」と約束したにもかかわらず、裏でこっそり配偶者と示し合わせて逢瀬を重ねていた、というケースなどでも、悪質なので浮気の慰謝料の相場は上がります。

 

以上のように、浮気の慰謝料の相場が高額になるケースはたくさんあります。

 

浮気の慰謝料を請求する前にどのような増額要素が適用されそうか、一度しっかり検討してみて下さい。

 

まずは、浮気の慰謝料の請求額をいくらにするか?

浮気の慰謝料の相場

浮気相手に浮気の慰謝料を請求するとき「まずはいくらの浮気の慰謝料請求をするか?」というポイントがあります。

 

浮気相手に慰謝料請求をすると、その後浮気相手との間で「交渉」しなければなりません。

 

このとき、たいていの浮気相手は「減額」を求めてきます。

 

つまり、当初に請求した浮気の慰謝料の金額をそのまま受け取れるケースは非常に少ないのです。

 

そこで浮気の慰謝料を請求するときには、「最低限支払ってほしい金額」よりも多めの金額を請求する方法をお勧めします。

 

たとえば、最終的に200万円を支払ってほしい場合には300万円やときには500万円の請求をするのです。

 

ただし当初にあまり当初の請求金額を高額にしすぎると、請求書を受け取った浮気相手が「到底支払えない」と考えて支払いを放棄してしまう可能性もあるため、さじ加減が重要です。

 

自分一人では適切な慰謝料請求金額を設定できない場合には、弁護士などの専門家に相談をしましょう。

 

浮気の調査を探偵事務所に依頼すると、探偵事務所から提携している有能な弁護士を紹介してもらえるケースもあるので、浮気調査をするのであれば一度探偵事務所に尋ねてみるのも良いでしょう。

 

高額な浮気の慰謝料を獲得する方法

探偵事務所の浮気の証拠

以下では、相場の中でもなるべく高額な浮気の慰謝料を獲得するための方法をご説明します。

 

浮気の証拠を集める

浮気の慰謝料を高額にするためには、とにかく証拠が重要です。

 

そもそも証拠がないと浮気の慰謝料を請求するのも難しくなりますし、証拠が不十分だと交渉においても相手が有利になってしまいます。

 

浮気の証拠として重要なポイントは「肉体関係」を立証できているかどうかという点です。

 

浮気によって不法行為が成立し、高額な慰謝料が発生する根拠は、配偶者と浮気相手に「肉体関係」があったからです。

 

肉体関係を証明できなければ慰謝料が「0円」になってしまうケースも多いですし、認められたとしても数十万円以下の低額になります。

 

浮気の証拠として、メールや写真などは自分でも集めやすいのですが、これらはどうしても肉体関係を直接証明しにくく、効果が弱いです。

 

より確実に肉体関係を立証するためには「探偵事務所の浮気の調査報告書」を入手すべきです。

 

探偵事務所に依頼するとスタッフが何時間でも相手方らに張り付いて、ホテルに入ったところや浮気相手宅に宿泊したところなどをとらえて、確実性の高い浮気の調査報告書を作成します。

 

これには多くの写真が添付されており、動画もつけてもらえるため、相手も言い逃れできなくなります。

 

以上のように、なるべく高い浮気の慰謝料を獲得したければ、まずは質の良い探偵事務所に浮気調査の相談をするのが良いでしょう。

 

粘り強く交渉する

なるべく浮気の慰謝料を高額にするためには、浮気相手と粘り強く交渉する力が必要です。

 

浮気の慰謝料を請求すると、浮気相手は「減額してもらいたい」「お金がないから支払えない」」などと言って慰謝料の減額や分割払いを求めてくるものです。

 

ここで簡単に妥協してしまっては、浮気の慰謝料が下がってしまいます。

 

相手を粘り強く説得し、最終的に相手を折れさせると、相場に比して高額な浮気の慰謝料を獲得できるものです。

 

裁判のタイミングを見極める

浮気相手と交渉をしても、お互いに合意ができなければ訴訟をするしかありません。

 

訴訟のタイミングも、浮気の慰謝料の相場金額を決定する重要なポイントとなります。

 

浮気相手が支払いをする気がないのであれば、早急に訴訟に踏み切った方が高額な慰謝料獲得につながるケースがあります。

 

きちんと証拠が揃っていたら裁判所が浮気相手に慰謝料の支払い命令を出してくれますし、相手が支払いをしないのであれば差押えもできるからです。

 

しかし、相手がすでにそれなりに高額な慰謝料を支払うと申し出ている場合には、裁判するとかえって慰謝料が減額される可能性があります。

 

また、相手に本当に資力がない場合には裁判をしても差し押さえる財産がないケースも考えられます。

 

さらに、裁判をすると弁護士費用がかかるので、その分の差引も考えておかねばなりません。

 

裁判をするタイミングや実際に裁判すべきかどうかについては、素人の方には判断が難しいので、弁護士事務所の無料相談などを利用して、専門家の話を聞いてみましょう。

 

交渉か訴訟のどちらの場合に浮気の慰謝料が高額になるのか

浮気の慰謝料相場

最後に浮気の慰謝料を請求するとき、交渉で和解するのか裁判するのか、どちらの場合に相場が高額になるのかをご説明します。

 

交渉なら、相場を無視した金額を設定できる

交渉によって浮気の慰謝料の支払いを受けるときには、お互いが合意すれば慰謝料をいくらにしてもかまいません。

 

そこで、浮気の慰謝料を1000万円や2000万円にしても有効です。

 

合意によって浮気の慰謝料を相場より高額に設定できれば、非常に高い慰謝料を獲得できる可能性があります。

 

ただし、反対に、交渉によって浮気の慰謝料を50万円や30万円にするケースもあります。

 

つまり、交渉の場合には「浮気の慰謝料相場」を無視して慰謝料の金額を高額にも低額にもできるということです。

 

交渉なら「分割払い」を設定できる

浮気の慰謝料を交渉によって決める場合「分割払い」を選択可能です。

 

分割払いにすると、浮気相手が支払いやすくなるので、総支払い額を高額に設定しやすくなります。

 

たとえば一括なら100万円が限度の相手でも、分割なら300万円を支払える可能性が出てきます。

 

以上からすると、交渉の方が浮気の慰謝料が高額になりやすいと思えます。

 

相手が慰謝料を支払わないなら裁判すべき

しかし、相手が強硬に「慰謝料を支払わない」「払うとしても50万円」などと主張する場合には、交渉を続けても高額な慰謝料獲得は難しくなります。

 

訴訟をした方が慰謝料の金額が上がる可能性が高くなるでしょう。

 

交渉か訴訟加害者の判断のポイント

交渉を続けるか訴訟に踏み切るかについては、「訴訟をしたら、判決でどのくらいの浮気の慰謝料の相場が認められそうか」という見込みの金額が重要です。

 

判決の見込みの金額は、婚姻年数や夫婦関係の破綻の有無、浮気の頻度など上記で紹介した要素によって決まります。

 

その金額よりも相手の申出額が低額であれば訴訟すると慰謝料が上がりますし、相手が相場より高額な支払いをするといっているなら、訴訟すると慰謝料が下がって損になります。

 

また、金額だけの問題ではなく訴訟にかかる労力や時間、弁護士費用の問題も検討しなければなりません。

 

浮気相手との交渉を決裂させて訴訟をすべきかどう、そのタイミングについては、男女問題に強い弁護士のアドバイスを受けてどちらが得になるかしっかり検討してから判断しましょう。

 

まとめ

浮気の慰謝料には相場の金額がありますが、個別のケースの事情により実際の金額がずいぶん変わってきます。

 

なるべく高額な浮気の慰謝料を獲得するためには、事前にしっかりと浮気の証拠をつかんで粘り強く交渉を続けるべきです。

 

そのためにも、まずは質の良い探偵事務所に調査依頼をして確実な浮気の調査報告書を入手しておきましょう。

 

探偵事務所は男女問題に強い弁護士と提携しているケースが多いので、弁護士に心当たりがない場合にも一度相談してみると良いでしょう。

 

続けて読む!
浮気調査で評判がいい探偵事務所・興信所
浮気調査で評判がいい! おすすめの大手探偵事務所・興信所

✳️浮気調査でおすすめの探偵事務所・興信所ランキング!をすぐ見る!>>

続けて読む!
浮気調査探偵
浮気調査で評判がいい!おすすめの探偵事務所・興信所を地域から選ぶ

都道府県別におすすめの探偵事務所・興信所を一覧にしました! 北海道 北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 北陸・甲信越 新潟 富山 石川 ...

  • この記事を書いた人
福谷陽子

【元弁護士】福谷 陽子先生

京都大学在学中に司法試験に合格し、弁護士登録。勤務弁護士を経て、法律事務所を設立・運営。弁護士時代は離婚や男女問題の相談がとても多く、浮気の慰謝料請求を始めとして、財産分与、子供の親権、DVなどの事件に取り組む。女性の視点から、丁寧かつ柔軟にきめ細かい対応を行い、「カウンセラーに相談するより先生に相談した方が良い」などと言われ、口コミでも評判の人気弁護士となる。その後体調不良により弁護士事務所を一時閉鎖。現在は10年間の弁護士経験を元に法律の解説を中心とした執筆に専念。

Copyright© 浮気調査クエスト! -浮気調査の悩みをスッキリ解決! , 2019 All Rights Reserved.