盗聴器で浮気調査をすることは、とても難しい。

盗聴器で浮気調査

盗聴器を使って浮気調査をするのはとても難しい。

 

なぜなら盗聴は違法ではないものの、それに付随することで違法になりやすいからなのです。

 

それは盗聴器を仕掛けたり、その音声を利用すると後から違法となってしまうからなんです。

 

盗聴でできること。その方法と、そのリスクについて書いています。

 

盗聴は違法ではない

盗聴で浮気調査

まず1番最初に知っておいて欲しいのが盗聴は違法ではありません

 

実は日本には盗聴自体を取り締まる法律はないのです。

 

盗聴器を販売するのも、それを購入するのも違法ではありません。

 

それに盗聴器は特別なものでなくても普通のボイスレコーダーを使ったっていいわけなのです。

 

盗聴器というから怪しいのであって、電波を飛ばすものであっても技術的にはトランシーバーなどと変わらないので規制すらできません。

 

音声は裁判でもちゃんとした浮気の証拠になる

盗聴器で浮気調査

盗聴に成功した場合は、旦那さんや彼氏と浮気相手の会話が聞けるので、おそらく言い逃れができないレベルの証拠になるでしょう。

 

もちろん裁判でもちゃんと証拠として扱われるもので、浮気の証拠を掴んで離婚をしようと思った場合はとてもいい証拠になるでしょう。

 

そしてやり直したいと思っている場合でも、はぐらかせない強い浮気の証拠になるはずです。

 

私なら、自分の恋人と浮気相手がしている会話なんて、そんな音声は絶対に聞きたくないですが。

 

例えば、車を普段から移動手段として使っている人であれば車の中の音声は浮気調査をする上で重要な音声になりえます。

 

なぜなら車の中は半プライベートであり、浮気相手との会話も周りを気にせず話せるようになり開放的になります。

 

車の中の会話ってどんな話をするかと考えてみてください。

 

ほぼ密室と同じような効果がありますし、親密な会話ができる空間です。

 

一応外からの視線はあるけれど、動いている時はほぼ気にならない。そういう時の会話は普段よりも、距離が近くなるものです。

 

浮気をしている証拠になる会話が多く、浮気調査には有用な盗聴になります。

 

しかも名前を呼べばなんという名前なのかがわかります。

 

仕事の話になれば、どんな仕事の人なのか、そして同じ会社の人なのかもわかるでしょう。

 

盗聴できれば、かなりいい浮気の証拠になりえます。

 

ただし法律的にどうなのかというところが、最大の問題なんですよね。

 

盗聴器を仕掛ける場合には場所を考えないと違法になる

法的離婚理由

盗聴をする場合は、常に法律と隣り合わせになります。

 

なぜなら、もしあなたが知らない人に盗聴されていたらどう思いますか?それは犯罪だと思いませんか?

 

そうなんです。プライバシーの侵害だったり、家であれば不法侵入の疑いがありますよね。

 

それがストーカーかもしれないし、ストーカーだとすれば盗聴なんかしていれば、有罪ですよね。

 

でも家族だから関係ないでしょ?恋人で一緒に住んでいるから関係ないでしょ?

 

と思う人もいるかもしれませんが、それは間違い。

 

家族間でも、プライバシーも個人情報も存在します。

 

だから盗聴する場合は、場所を選ばないと違法行為になってしまうおそれがあるので気をつけてください。

 

それぞれ考えられる盗聴方法に対して、違法かどうかについて調べました。

 

自宅に盗聴器を仕掛ける場合

盗聴器で浮気調査

まず自宅に盗聴器を仕掛ける場合です。

 

自宅に盗聴器を仕掛けるのは違法になりません。

 

自宅はあなたも使う場所であり、そこで録音するのは違法ではありません。

 

浮気調査で自宅に盗聴器を仕掛ける目的はあります。

 

それは電話などで話している内容を盗聴すること。

 

例えば、電話がかかってきたら仕事だと言いながら、いつも別室に行って電話をしていたなら、それを録音すれば浮気相手と話しているかわかります。

 

もしくは、あなたが出かけていて旦那さんが家にいる時、さすがに連れ込んでいることはないけれど、電話をしているかもしれません。

 

むしろ浮気相手との電話の機会はそうないので、そういうタイミングはほぼ電話をしているのではないでしょうか。

 

ないとは思いますが、家に連れ込んでいる場合もわかります。

 

ありえないと思いますが、私は結婚している女性の自宅に訪問した経験がありますし、ご飯を作ってもらったことさえあります。

 

芸能人でもそういうお話が数年前にありましたよね。

 

男性と女性が反対にはなりますが、絶対にないとは言い切れないでしょう。

 

電話の盗聴

盗聴器で浮気調査

次に電話を盗聴するという方法。これは完全に違法です。

 

電気通信法という法律に抵触します。

 

電話を盗聴するのは家族であっても他人であっても恋人でも親子であっても違法です。

 

どこかのコールセンターにかけた時「サービス向上の為、録音させていただきます」というアナウンスを聞いたことがあるかと思います。

 

これは本当にサービス向上に使うための録音でもあると思うのですが、なにか争訟ごとになった場合への証拠を取るための録音です。

 

先に録音するための同意をとっておく必要があるのでしょう。

 

録音すること自体が許可を取っていないと日本では違法なんですね。

 

だからiPhoneでは通話中の録音ができないようになっています。

 

アンドロイドであれば、他人のスマホにアプリをダウンロードしておいて、そのスマホの通話の音声を録音して他のスマホでその録音を聞けるアプリがあります。

 

ただそれ自体もスマホが盗難された場合に使えるものとして、アプリが用意されており、日本では違法行為にあたり、盗聴しているとバレれば逆上されてしまったり別れを切り出されてしまったりします。

 

自宅以外の場所

自宅以外の場所を盗聴するのは違法かどうかは、微妙なところなのです。

 

例えば会社だったり、もしくは趣味の場所で盗聴をすれば浮気が見つかるかもしれません。

 

盗聴自体には、実は取り締まれる法律がなく他の罪に託けることで有罪になっています。

 

例えば電波法だったりストーカー防止法だったりに抵触することがほとんどで、電気を勝手に使えば窃盗罪ですし、電波法違反にもなりえるし、場所によっては不法侵入になる可能性もあります。

 

その音声をもって脅しをすれば、脅迫罪にもなりえます。

 

ただし、どこかプライベートな場所に盗聴器は仕掛けないと意味がないし、そこで盗聴器をしかけるには、なにかしらの犯罪を犯す可能性が高いのです。

 

基本的には違法と考えておいた方がいいでしょう。

 

具体的な場所は相手が同棲していない彼氏の場合ですが、彼氏の家に行った時に盗聴器を仕掛けておく方法です。

 

仕掛けておけば、どうも様子がおかしいなと思う時に家での会話が聞けるというもの。

 

もし別の女性を連れ込んでいればすぐにわかります。ただしこの方法は完全に違法です。

 

同棲をしていない彼氏の家は自分の空間ではありません。そこに盗聴器をしかけて音を聞く、もしくは録音をするのは違法です。

 

自家用車に盗聴器をしかける

盗聴器で浮気調査

自家用車の盗聴器はほとんどのケースで合法です。

 

自宅と同じで自分の場所に盗聴器をしかけて、録音するのは違法ではありません。

 

不法侵入でもないし、窃盗罪にもなりません。基本的には合法です。

 

しかも車の中はプライベート空間であり、浮気相手との会話も公共の場所での会話と違って証拠になりえる会話も多くなってくるでしょう。

 

盗聴をして、浮気の証拠を掴める可能性も高いのが車だと思います。

 

しかも、ちゃんと準備をすれば電源だってとれるのが、車のいいところではないでしょうか?

 

電源が取れれば無限に盗聴できるようになりますからね。

 

カバンの中に盗聴器を仕掛ける

盗聴器で浮気調査

あと、もう一つがカバンなどの携行品に盗聴器をしかけることです。

 

これは違法行為になりえます。

 

携行品で盗聴器を仕掛けた場合には、盗聴器が常に移動します。

 

移動の電車や車の中、会社や取引先、そして夕食の席でもずっと盗聴し続けることになります。

 

これはいつ盗聴が違法になっても、おかしくない状況なんですよね。

 

仕事の場に持ち込んでいれば、絶対に知ってはいけない情報を知ってしまい、それを広めたがために旦那さんが会社をクビになるかもしれないし、損害賠償を求められる可能性もあります。

 

ただ浮気中も常に持ち運びするものであれば、浮気の証拠を掴みやすい盗聴の方法でもありますよね。

 

盗聴するとすれば小型のボイスレコーダーになりますが、奥の方に隠していれておかないといけないので、せっかくの録音もほとんど聞き取れないぐらいの音量でしかはいっていないということにもなりかねません。

 

盗聴をしたデータをチェックする時間が非常に長い

盗聴した場合、問題がもう1つあってそれは録音のチェックが大変だということです。

 

なぜなら盗聴をする場合は何時間ぐらい録音を続けるのでしょうか。

 

おそらく1時間や2時間の話ではないはずです。

 

その場合、チェックするのも同じ時間がかかってしまう。

 

プロの探偵とかならまだしも、それだけ長い時間の音声を毎日チェックできません。

 

例えば1日5時間の録音を1週間分ためた場合、その録音を聞くのには35時間かかってしまいます。

 

1週間にわけても毎日そのまま5時間かかってしまうのです。

 

その時間を使ってでも浮気の証拠を突き止めたいとか、家事をしながらずっと音声を聞き続けられるならありだとは思いますが、そんな人はそうそういないはず。

 

ある一定のタイミングのそんなに長くない時間を盗聴するだけならありかもしれませんが、数時間録音しっぱなしでそれをチェックしないといけないような状況なのであれば他の方法を探した方がいいかもしれません。

 

盗聴の方法

具体的な盗聴の方法についてですが、3種類にわかれます。

  • コンセントタップ型
  • 小型のボイスレコーダー
  • Androidアプリ

 

の3つ。使い方が全く変わってくるので、使える場所が大きく違います。

 

コンセントタップ型の盗聴器

盗聴器で浮気調査

コンセントタップ型の盗聴器とは、上記のようにコンセントに直接挿すタイプの盗聴器で、だいたいがコンセントを3つ股に分けるためタップのような形をしていて、実際にコンセントを挿して電源を取れます。

 

コンセントを直接分割するものや、延長コードに繋がっているものも販売されています。

 

要するに電源タップにしか見えない盗聴器で、この中にマイクが入っていてその音声を電波で飛ばす仕組みです。

 

電源がいつでもとれるので、半永久的に音声を拾い電波を飛ばし続けます。壊れない限り永久に。

 

電波を飛ばせる距離は、壁がないところで100m程度。wifiの飛ぶ距離とほぼ同じです。

 

ただしデメリットもあって、このコンセントタップ型の盗聴器は電波でその音声を飛ばす方法とっているために近くで受信しなければいけません。

 

そしてその受信したものを、なにかしらの方法で録音する必要もあります。

 

そしてなにかの建物の中でしか電源が取りにくい。自宅以外の場所では違法になる可能性が非常に高いことがデメリットです。

 

手に入れるには「タップ型盗聴器」で検索をすればいくらでも出てきますので、探してみてください。

 

値段は盗聴方法としては1番高い30,000円程度です。結構高いですよね。

 

ちなみにこの盗聴器を販売や購入が犯罪のように感じますが、盗聴器を持っていても銃のように違法ではありませんので安心してください。

 

小型のボイスレコーダー

盗聴器で浮気調査

もう1つの手段が小型のボイスレコーダーです。

 

小型のボイスレコーダーなら、部屋での録音も可能ですし、車に隠したり、カバンの中に忍ばせたりできます。

 

今は小型のものであれば、10mm×50mm程度の大きさの小さなボイスレコーダーがあり、かなり小さい隙間などにも隠せます。カバンの中などにも収納ができるので隠しやすい。

 

しかもバッテリーも録音時間も24時間ぐらいもつものがほとんどです。

 

ただし、あなたの手から離れる瞬間には録音をONにしてそこから、あなたの手元に帰ってくるまでずっと録音しっぱなしなので10時間以上の録音をきかないといけなくなるのがデメリット。

 

こちらはamazonなどで「ボイスレコーダー 小型」などで調べれば、出てきます。値段は3,000円程度で購入できます。

 

Androidのアプリ

ケルベロス アプリ

 

最後の1つがAndroidのアプリを、旦那さんや彼氏のスマホに勝手にダウンロードして遠隔で聞く方法です。

 

Androidアプリには盗難された場合に、そのスマホの場所を追跡して取り戻すためのアプリが存在します。

 

その機能の1つとして、そのスマホで取れる音声を遠隔で聞けます。

 

それを使えば、スマホは常に手元にあるものなのでいつでも盗聴できて、さらにGPSなども見れるので、どこで誰とどんな話をしているかまでわかるでしょう。

 

アプリの名前はケルベロスというアプリで、LINEやSMSの中身を見ることも可能。

 

ただし、これはとても違法性が高い方法で、まず人のスマホに勝手にアプリをダウンロードれば不正アクセス禁止法などにも引っかかるし、電話の録音もできるので電気通信法で罰せられます。

 

GPSの追跡も違法。それは家族であっても同じです。

 

違法に手に入れたものは裁判で使いにくい

家庭裁判所

盗聴をする場合、自宅もしくは自家用車での録音以外は、裁判などで出しにくくなってしまいます。

 

なぜなら、その録音自体が違法だから、浮気の証拠としては有用だけど別の法律違反であなたが有罪になってしまうからです。

 

浮気の証拠を掴んで裁判する場合は、民事裁判です。

 

主な目的は離婚の成立と浮気の慰謝料ですが、基本的にお金だけで解決できるものです。

 

ただし盗聴で訴えられた場合は、刑事裁判にもなり得ます。

 

こちらは判決が出て有罪ならば、前科がつくものなので、その重要度が違いすぎます。

 

そして場合によっては懲役の可能性すらあります。

 

その浮気の証拠を出すために刑事裁判で有罪になるのは、どう考えても割に合いませんね。

 

違法に手に入れた浮気の証拠は、よほどのことがない限り使えないと覚えておいてください。

 

民事的責任が発生する可能性もある

刑事的責任にならない盗聴でも、民事的責任が発生するかもしれない可能性についても書いておきます。

 

自宅や自家用車において、あなたと浮気相手との会話を録音した場合は刑事的に有罪になるとは考えにくい。

 

なぜなら、あなたの持ち物あなたのいるべき場所だからです。

 

ただ、民事的には違法の場合もあります。

 

民事的な不法行為というものがあって、旦那さんや彼氏の弱みを握るために自宅に盗聴器をしかけたとします。それでなにかを録音したとしましょう。

 

その結果に対して、彼氏や旦那さんはプライバシーの侵害を訴えることができるのです。

 

訴えればプライバシーの侵害で、慰謝料を請求することも可能で判決が下されるときに、浮気の慰謝料に対して相殺される形になってしまいます。

 

盗聴はハイリスク・ローリターン

盗聴は成功すれば会話を録音できるので、非常に有用な浮気の証拠になります。

 

特にクルマの中での盗聴は、小型のボイスレコーダー使えば簡単で旦那さんや彼氏が家を出て行く前に録音スタートして仕掛ける。

 

そして帰ってくれば、そのボイスレコーダーを回収します。

 

毎日毎日仕掛けて音声を聞くのは大変なので、「今日は会いに行く日」だろうなという日があるはず、そういう日だけボイスレコーダーを仕掛けたり、毎日仕掛けておいて今日会ってきたなという日だけ録音を聞いたりするだけでもいいと思います。

 

ただしその方法でさえも民事的に不法行為にあたるため、あなたにとってのリスクです。

 

もし刑事的に訴えられてしまえば容疑者になるし、有罪が確定してしまえば懲役や前科がつきます。

 

そして、その可能性は低くありません。

 

その代わりに得られるリターンは浮気の証拠だけです。

 

正直言って、違法行為をしてまで浮気の証拠を手に入れるべきなのでしょうか。

 

他にもたくさんの方法があるのに、そこまで盗聴にこだわる必要はないように思います。

 

GPSで追跡する方法もある

gpsで浮気調査

合法で浮気調査をしたいのならGPSを追跡する方法があります。

 

GPSで追跡をすれば、そのログをみて立ち寄っている場所を調べるだけなので、盗聴のようにずっと聞き続けたりする必要もなく、調べる時間が少なくて済みます。

 

浮気相手の家や、ラブホテルなどによっていれば一目瞭然ですよね。

 

iPhoneやAndroidのアプリを不正に使って、GPSの追跡をするのは違法です。

 

でもその違法なのは、アプリなどを不正に利用してアクセスすることであって、専用の端末をクルマで隠したりする場合はその限りではありません。

 

浮気調査に使えるような、追跡専用のGPSがレンタルができるのでそれを使用すれば違法ではありません。

 

証拠を残すことを目的に作成されているので、浮気の証拠として使いやすいようになっています

 

浮気調査したいなら探偵がおすすめ

浮気の証拠

そしてちゃんと浮気調査をしたいのなら、探偵が1番です。

 

私はいくつか浮気をしてきましたが、どんな調査方法でもある程度、対策ができてしまいます。

 

対策をしてちゃんと証拠を消したり、そもそも浮気の証拠が残らないようにできます。

 

違法行為でない方法で、浮気がバレないように対策をできないのは、探偵を雇われることだけです。

 

探偵を雇われて尾行などをされれば、対策のしようがありません。

 

そして探偵ならば、浮気をしていなかった場合に「無実であること」もわかるのが1番おすすめな理由です。

 

世の中には浮気をされていてもやり直したいと思っているひとが、ほとんどです。

 

証拠を突き止められなかった場合に浮気をしているんじゃないかと疑ったままでは、いつまでたっても気持ちは晴れません。

 

探偵を使えば、依頼したその時間その場所で何をしていたのかが明確になります。

 

自分で浮気の証拠をつかもうとすればするほど、あなたは屈辱感を感じるでしょう。

 

なぜなら浮気の証拠を掴む時は、そういった現場を目撃するのです。私なら絶対に見たくありません。

 

探偵に依頼をすればそういった現場を見るのは最小限で済むというのもメリットだと思います。

  • 真実を知る
  • 明確な浮気の証拠を掴める
  • 合法であること
  • 必要以上の真実を知らなくてもいい

探偵を使えば、このようなメリットがあるんです。

 

費用もかかりますが、利用の方法によっては安く抑えられます。検討してみてください。

 

Check!
浮気の証拠
浮気の証拠になるものとは?効果的な集め方と使い方を完全解説!

夫や妻が浮気したら、何から始めたら良いのでしょうか?   まずは「浮気の証拠」の収集を何より優先すべきです。   配偶者と離婚するにも復縁するにも、浮気の慰謝料請求を進めていくため ...

Check!
浮気調査で評判がいい探偵事務所・興信所
浮気調査で評判がいい! おすすめの大手探偵事務所・興信所

✳️浮気調査でおすすめの探偵事務所・興信所ランキング!をすぐ見る!>>

Check!
浮気調査探偵
浮気調査で評判がいい!おすすめの探偵事務所・興信所を地域から選ぶ

都道府県別におすすめの探偵事務所・興信所を一覧にしました! 北海道 北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 北陸・甲信越 新潟 富山 石川 ...

 

浮気調査でおすすめの探偵事務所・興信所ランキング!

原一探偵事務所

原一探偵事務所
  • 創業45年、年間相談実績50,000件の老舗探偵事務所
  • 調査員は調査歴20年以上のベテラン揃い
  • 夫婦カウンセラーの相談員が多数在籍
  • 全国18拠点で当日調査も可能
メール・電話相談 24時間365日対応 全国対応
無料
見積もり 当日調査 クレジットカード
無料 可能 原一探偵事務所口コミ

当サイトから無料相談を始めれば

\\今なら基本料金が半額!//

原一探偵事務所の基本料金半額半額クーポン

無料電話相談0120-751-216

総合探偵社AMUSE(アムス)

  • 浮気調査中のリアルタイム報告
  • 調査員はキャリア15年以上のベテラン揃い
  • 浮気調査費用は低水準で明朗会計
  • 相談員は夫婦カウンセラーの有資格者
メール・電話相談 24時間365日対応 全国対応
無料
見積もり 当日調査 クレジットカード
無料 可能

 

無料電話相談0120-104-080

響・Agent

響・Agent
  • 弁護士運営で安心の料金設定
  • 調査成功率95%以上の調査力
  • 弁護士監修の裁判でも使える調査報告書
  • 経験豊富なカウンセラーの徹底サポート
メール・電話相談 24時間365日対応 全国対応
無料
見積もり 当日調査 クレジットカード
無料 可能

無料電話相談0120-112-396

  • この記事を書いた人
明男

akio

ガジェットオタクのライター。浮気されて苦しんでいる方のために情報を提供します!

© 2020 浮気調査クエスト! -浮気調査の悩みをスッキリ解決!