50代夫婦はまだまだセックスをしている !【セックスレスの原因と解消法】

50代夫婦セックス
一般的な50代の夫婦ってまだセックスしてるの?

 

まだまだセックスを続けていたいけど、それっておかしいこと?

 

50代でもセックスをしている夫婦は半分以上です。

 

夫婦を長く続けるための秘訣は、セックスをし続けることなのかもしれませんね。

 

愛情の表現方法でもあるセックスですが、50代になればセックスレスに悩んでいる人もいます。

 

なぜセックスレスになるのか。その原因と解消法について紹介します。

 

50代夫婦でもセックスを続ける理由

50代セックスレス夫婦

セックスレスで悩む50代夫婦もいます。

 

その一方で夜の営みを持つ夫婦は多いのです。

 

そして、50代でも身体の関係を持つ以下のようなメリットを感じている方もいます。

  • 男性も女性も性機能を維持しやすくなる
  • 女性ホルモンが分泌されて若々しくいられる
  • 愛情を確認して精神的に安定する
  • コミュニケーションやスキンシップを図れる

50代夫婦のセックスは快楽やオーガズムを求めるのではなく、愛と安心を手に入れているのです。

 

「セックスがない方が楽で良い」と考えている方はいますが、これから先の人生で良好な関係を築く上ですごく大切な行為だと言えるでしょう。

 

50代夫婦のセックス頻度

そこで、以下では50代夫婦のセックスの回数をまとめました。

 

1位:6ヵ月以上はしていない
2位:1ヵ月〜6ヵ月はしていない
3位:1ヵ月に1回のペース

若いカップルや夫婦と比較してみて、セックスの回数が減ってしまうのは仕方がありません。

 

それでも定期的に身体の関係を持ってスキンシップを図っている50代夫婦は多く、子供が成人して家を出ていればセックスがしやすい環境ですね。

リビドーロゼ
リュイールホット

 

50代夫婦がセックスをしなくなるのは性欲が弱くなったから

40代のころは毎月セックスしてたのに、50代になってから回数減ったり半年以上していなかったりするのは、性欲が減ってきたからです。

 

50代の男性は男性ホルモンの分泌量が、20代に比べて半分以下に落ちています。

 

性欲というのは男性ホルモンと相関関係にあり、50代の男性はピーク時に比べれば性欲がかなり弱くなっています。

 

女性は男性と比べれば、もともとそこまで性欲が強くありません。

 

さらに50代ともなると女性は閉経していきます。

 

その結果女性ホルモンが減り、濡れにくくなくなり、セックスが苦痛になるのです。

 

50代夫婦のセックスレスの原因をまとめました

とあるアンケートによると、50代夫婦のセックスレスの割合は60%程度というデータが出ていました。

 

セックスレスの定義は1ヵ月以上に渡って性交渉がない状態ですが、夫婦によっては1年間以上もパートナーと肌を合わせていないことがあります。

 

20代や30代の頃は定期的にセックスをしていたのに、なぜ50代になってセックスレスに陥る夫婦が増えるのか考えられる原因を幾つか挙げてみました。

  • 妻から拒否されてから誘えなくなった
  • 男性の性欲がなくなった
  • 女性は閉経とともにセックスが難しくなった
  • 妻が女性として魅力的ではなくなった
  • 仕事が忙しくなってセックスをする元気がない
  • 子供が巣立って、会話がなくなってしまった
  • お互いの自由のために、寝室を別にした
  • 子作りのあとは一度もセックスをしていない
リビドーロゼ
リビドーロゼ

妻から拒否されてから誘えなくなった

過去にセックスの誘いを拒否されてから誘えなくなる男性がいます。

 

女性としては、たまたま疲れていたとか、日中のできごとなどでその気になれないだけとかいう断り文句でも、数回連続で断られてしまった時は男性はショックを受けます。

 

例えばあなたが友人を食事に誘った時、1度断られるぐらいであれば問題ないでしょう。

 

でも2回3回と連続で断られた時はどうでしょうか?

 

「私を嫌いになったかな?」「食事行きたくないのかな」と心配になって誘いづらくなってしまいませんか?

 

夜の誘いもそれと同じです。

 

旦那さんが奥さんを誘った時に、連続で拒否された場合、「歳とったしもう性欲ないのかな?」「俺が老けたから生理的に受け付けないのかな?」と心配になることもあります。

 

そうなると自信をなくして、旦那さんから誘いづらくなります。

 

旦那の性欲がなくなった

50代男性の性欲は20代の半分以下です。

 

性欲が弱くなればセックスの回数が減るのは、理解できると思います。

 

しかし回数は減っても、たまに性欲がある時にセックスをして、ゼロにならなくてもいいんじゃないかと思いますよね。

 

そこには期間が空きすぎるという問題があります。

 

性欲が弱くなればセックスをしない期間は長くなり、「今日は疲れてるからいいかな」なんて放置していると、うっかり数ヶ月経ちます。

 

このように期間が空きすぎると、男性はだんだんと誘い方がわからなくなってしまいます。

 

誘い方がわからない上に照れるようになってしまって、さらに誘えなくなります。

 

しかも誘えなくても性欲が弱いから、我慢できてしまうんです

ジャムウ・デリケートエッセンス(定番)
リュイールホット

 

女性は閉経とともにセックスが難しくなった

女性は閉経とともに、セックスをするための身体ではなくなっていきます。

 

閉経をすればセックスの主目的である子作りはできないので、当然と言えば当然ですね。

 

その原因は女性ホルモンの分泌量が、閉経によって大きく減少するからです。

 

女性ホルモンが減れば様々な影響が出ますが、セックスに関連するのは

  • 膣分泌液の減少
  • 膣粘膜の萎縮

の2つ。

 

膣分泌液の減少とは、言い方を変えればセックスのときに濡れにくくなるということです。

 

あなたも年齢とともにセックスの時に濡れなくなるのを感じていませんか。あれは女性ホルモンの分泌量の減少が原因で起きています。

 

濡れなくなると潤滑できなくなるので、セックスの時に痛みが出るようになります。

 

さらに膣粘膜が萎縮してきます。

 

潤滑できなくなるのと同時に、皮膚を守っている粘膜がなくなれば痛くなるのは想像できますよね。

 

女性がセックスの時に痛みを伴うようになった結果、男性が誘っても拒むようになりセックスレスになっていきます。

 

妻が女性として魅力的ではなくなった

男性の観点ですが、妻が女性として魅力的でなくなったという原因もあります。

 

特に仕事をしていなかったり子育てで忙しかったりして、外見に気を使わなくなり、そのまま年齢を重ねると女性としての魅力が薄れていきます。

  • 太る
  • 化粧をしなくなる
  • 髪がボサボサのまま
  • 部屋着のままでかつ家から出ない

などが男性にとって女性の魅力がなくなる理由です。

 

あなたも旦那さんが、清潔感がなくなって俗に言う「キモいおじさん」になったら、セックスをしたいと思わないでしょう。

 

男性も同じです。

 

むしろ見た目については女性が男性を見る目よりも、男性が女性を見る目の方が厳しいですからね。

 

年齢を重ねれば若い女性のようにはいきません。だからといって諦めるのは違います。

 

新たに誰かを口説き落とすためではなく、旦那さんの心を惹ければいいのです。

 

それには女性として最低限の身だしなみを整えるだけでも違うはずです。

 

見た目だけでなく、ガサツな行動も慎みましょう。

リビドーロゼ
リビドーロゼ

 

旦那さんを生理的に受けつかなくなった

  • 太ってしまった
  • 寝癖を直さない
  • 匂いが強くなった
  • 清潔感がない

など「キモいおじさん」の枠に入ってしまい、女性が受け付けなくなるケース。

 

そして見た目以外にも旦那さんのロリコンやSMなどの性癖がバレて、気持ち悪くなり生理的に無理になることもあります。

 

仕事が忙しくなってセックスをする時間と元気がない

性欲はあるけれど、忙しくてセックスしている時間と元気がない人がいます。

 

50代になると管理職になって多忙の日々の人や重要なポストに就いている人もいます。

 

そういう人は、忙しすぎてセックスどころではないかもしれません。

 

プロジェクトが大詰めに入っていたら、一日が終わっていたとしても、頭の中は仕事でいっぱいになっています。

 

それでも30代であれば、そんなものも吹き飛ばして感情に任せてセックスできましたが、50代の体力と性欲ではそうもいきません。

 

そして朝早いとか帰りが遅いなどが重なれば、睡眠不足にもなるので1秒でも早く寝たいという人もいます。

 

この場合、忙しい期間は我慢です。仕事が落ち着くタイミングを待ちましょう。

 

ただし長期間セックスしてないと、少し恥ずかしくて誘いづらくなってることもありますので、その場合はあなたから誘ってみましょう。

 

子供が巣立って、会話がなくなってしまった

50代セックスレス

50代なら結婚して20年くらいは経っていますね。

 

子供が巣立っていく時期でもあります。

 

それまでは子供の必要な連絡事項で会話をしていた夫婦でも、子供がいなくなると途端に話す内容がなくなってしまう夫婦がいます。

 

子供から始まった会話があれば話しますが、わざわざ自分の出来事を最初から話すのは不得意な人が多いです。

 

会話がなくなったら、それまで親密だった夫婦仲も、なんだか疎遠になり仲は悪くないけど、セックスレスになってしまうこともあります。

 

このセックスレスの場合、そのまま夫婦仲が冷めて離婚に繋がることもあるので気をつけてください。

 

お互いの自由のために、寝室を別にした

夜の営みのベッド

50代ならば、お互いに干渉しない生活が楽な夫婦も出てきます。

 

その場合でもセックスレスになりたくなければ、寝室を別にしてはいけません。

 

これは私の経験談ですが、生活の時間帯が違うから寝室を別にしてみたら、それから一切セックスしなくなりました。

 

寝室が別になるとセックスはめんどくさくなって、オナニーをしやすい環境なのもあり、オナニーで済ませてしまいます。

 

寝室をわけるのはセックスレスになる可能性が非常に高いのです。

 

子作りのあとは一度もセックスをしていない

子供が生まれてからは、一切セックスをしていない夫婦も存在します。

 

妊娠すれば、セックスは控えますよね。

 

そのままセックレスが長期間になり、今更セックスをしようと誘いにくくなります。

 

さらに50代になって性欲が衰えているため、奥さんとはセックスレスのままでいいと思い始めます。

 

ですがこの場合は、子作りのあとから今までの間に旦那さんが一度や二度の浮気をしているかもしれませんし、浮気中かもしれません。

 

ジャムウ・シークレットモイスチャー(定番)
リュイールホット

 

セックスレスの放置は浮気や不倫に繋がる?

単純に身体の関係を持たないだけで、夫婦円満な生活を送ることができていればあまり深刻に考える必要はありません。

 

しかし、50代の夫婦のセックスレスを放置していると、次のような弊害があります。

  • セックスレスの状態が長く続いて身体の関係を持たなくなる
  • 気恥ずかしさでだんだんとパートナーを誘えなくなる
  • どちらかがセックスのない生活に不満を抱く
  • 快楽や欲求不満を求めて浮気や不倫に走りやすくなる

「たかがセックスレスだから大丈夫だろう」と安易に考えていると、浮気や夫婦関係の希薄化などあらゆるトラブルに繋がりやすいのです。

 

旦那の場合は約7割、妻の場合は約2割〜3割が現状のセックス事情に満足していません。

 

「本当はセックスをしたいけどできない」といった状態が続くと、浮気や不倫の危険性が高くなります。

 

子供が成人していなくなれば熟年離婚という選択肢も出てきてしまいますので、セックスレスは放置せずに現状をきちんと見直してみた方が良いでしょう。

 

セックスレスから離婚に繋がる可能性も

50代のセックスレスは、熟年離婚に繋がる可能性が高いと言われています。

 

40代までは子供が独り立ちしていない場合が多いので、セックスレスも問題ではあるけれど、離婚には至らないのですが、子供が大きくなれば話は別です。

 

「子はかすがい」とはよくいいますが、

  • 子供の連絡事項を伝えるための会話があるだけ
  • 子供がかわいそうだから離婚しない
  • 子供が大変だから離婚を考えている時間がない

という夫婦も、子供が1人暮らしを始めれば、一緒にいる理由がない夫婦もたくさんいます。

 

さらに子供がいないと自由な時間も増えるので、離婚について考える時間が長くなり、第二の人生を目指して熟年離婚になりかねません。

 

50代になってもセックスをするほど仲が良ければいいのですが、男性も女性も性欲はあってもセックスレスだと、思うように性欲を解消できません。

 

浮気をするわけにもいかずセックスレスが原因で、離婚してしまう夫婦もいます。

 

50代夫婦のセックスレスの正しい解消法はコレ!

50代夫婦セックスレス

ある程度年齢を重ねると、10代や20代の頃のように毎日激しいセックスをするのは難しくなります。

 

体力的にもお互いの生活にも負担が加わってしまっては意味がありませんが、だからといってセックスレスの不満を抱えたまま放置するのは上記で説明したように危険です。

 

そこで以下では、50代夫婦のセックスレスの正しい解消法を幾つか紹介しますので、今すぐにでも実践してみてください。

  • まずは日常生活の中で手を繋いだり肩に触れたりとスキンシップから始めてみる
  • 長い時間に渡ってセックスをするのではなく、ならし運転のような感じで短時間で済ましてみる
  • 「セックスの誘いを断るのはなるべく禁止する」「セックスのスケジュールを設定する」など決まり事を守る
  • パートナーが少しでも興奮できるように魅力的な外見を維持できるように努力する
  • 勇気を出して、なぜセックスレスになってしまったのか原因を二人で話し合ってみる

「今まで身体の関係はなかったけど、明日からセックスしましょう」と簡単に解決できる話ではありません。

 

長年の生活が引き金となってセックスレスになった50代の夫婦が多いので、解消できるまでにも長い時間がかかります。

 

しかし、セックスレスの原因を見極めて相手の気持ちを尊重できるようになれば、より良い身体の関係を再び持つことできるでしょう。

 

「自分はセックスのある生活を送りたい」と考えている旦那さんや奥さんは、少しずつ距離を縮める努力をしましょう。

 

EDWAVE
遠隔治療

 

EDや性交痛は病院で治療も考えてみてください

男性も女性も、年齢によってEDや性交痛などの問題がでてきます。

 

男性はEDをはじめとするLOH症候群があります。これは年齢による男性ホルモン分泌量の低下で、

  • 性欲の減退
  • ED(勃起障害)
  • メタボリックシンドローム
  • うつ

などの症状が出るもの。

 

対処法は病院でのバイアグラなどの勃起改善薬や、男性ホルモンの注射でホルモンを増やし改善します。

 

性欲も増えてちゃんと勃起もするようになります。

 

そして女性の性交痛は、女性ホルモン注射で解消できます。

 

ちゃんと濡れるようになり、痛みなくセックスができるようになります。

 

閉経後、時間が経って膣粘膜がほぼなくなったという状態からでも2週間程度で復活できるので、「セックスをしたいけど痛いからできない」と 悩んでいる人にはおすすめです。

ジャムウ・シークレットモイスチャー(定番)
リュイールホット

 

セックスレスの解消は原因の改善が大切

セックスレスの原因と対策について紹介しました。

 

どれが当てはまりましたか。もしかしたら1つではなく複数だったかもしれません。

 

何が原因かわかれば、対処できます。

 

そのためには夫婦でのコミュニケーションが大切です。

 

少し恥ずかしくてもセックスについて正直に話し合いましょう。

 

そうすれば本当はお互いにセックスしたかったとわかったり、性交痛やLOH症候群であれば病院にいけば解決できるわけです。

 

まずは話し合いが大切です。


続けて読む!
50代男性性欲
50代の男性と女性の性欲の強さに差!男性はまだ浮気をするの?

若い頃はいくら性欲の強い男性でも、50代を超えるとだんだんと衰えていきます。   50代でも男ですので、「まだまだ女性とヤリたい」「たまにムラムラする」という方は少なくありません。 &nbs ...

 

浮気調査でおすすめの探偵事務所・興信所ランキング!

原一探偵事務所

原一探偵事務所
  • 創業44年調査実績110,000件以上の老舗探偵事務所
  • 調査員は調査歴20年以上のベテラン揃い
  • 夫婦カウンセラーの相談員が多数在籍
  • 全国18拠点で当日調査も可能
メール・電話相談 24時間365日対応 全国対応
無料
見積もり 当日調査 クレジットカード
無料 可能 原一探偵事務所口コミ

当サイトから無料相談を始めれば

\\今なら基本料金が半額!//

原一探偵事務所の基本料金半額半額クーポン

無料電話相談0120-751-216

総合探偵社AMUSE(アムス)

  • 浮気調査中のリアルタイム報告
  • 調査員はキャリア15年以上のベテラン揃い
  • 浮気調査費用は低水準で明朗会計
  • 相談員は夫婦カウンセラーの有資格者
メール・電話相談 24時間365日対応 全国対応
無料
見積もり 当日調査 クレジットカード
無料 可能

 

無料電話相談0120-104-080

響・Agent

響・Agent
  • 弁護士運営で安心の料金設定
  • 調査成功率95%以上の調査力
  • 弁護士監修の裁判でも使える調査報告書
  • 経験豊富なカウンセラーの徹底サポート
メール・電話相談 24時間365日対応 全国対応
無料
見積もり 当日調査 クレジットカード
無料 可能

無料電話相談0120-112-396

  • この記事を書いた人
明男

akio

ガジェットオタクのライター。浮気されて苦しんでいる方のために情報を提供します!

Copyright© 浮気調査クエスト! -浮気調査の悩みをスッキリ解決! , 2019 All Rights Reserved.