不倫と浮気の違いとは?旦那や嫁の不貞を見抜き対処する方法

不倫と浮気の違い

旦那さんや奧さんが他の男性や女性と関係を持っていて、裏切られたと知ったらどのような方でも大きなショックを受けるものです。

 

ところでこのようなとき「不倫」「浮気」という言葉を使いますが、あなたはその違いをご存知でしょうか?

 

さらに法律上の用語として「不貞」もあるので、それとの違いも理解しておきましょう。

 

今回は「不倫」と「浮気」「不貞」の違いと旦那や嫁の浮気の見抜き方、対処方法をご説明します。

 

不倫と浮気の違い

浮気と不倫の違い

一般に旦那さんや奧さんが別の男性や女性と男女の交際をしていたら「不倫」「浮気」と言われますが、不倫と浮気は何が違うのでしょうか?

 

まず「不倫」も「浮気」も法律用語ではなく、どちらも一般的な言葉です。

 

そして「不倫」とはもともと「人の道に外れている行為」を表しますが、中でも特に「配偶者のある人が配偶者以外の人と関係を持つ」場合を意味しています。

 

「浮気」は「定まったパートナーがいながら、他の異性と浮ついた気持ちで交際する」という意味です。

 

不倫と浮気の具体的な違いは、以下のような点にあります。

既婚か未婚か

まずは「既婚」か「未婚」かの違いがあります。

 

「不倫」という場合、行為者のどちらか一方は必ず既婚者です。

 

不倫は「人の道に外れている行為」ですが、未婚の人には自由恋愛が許されるので未婚者同士が男女関係になっても「人の道に外れる」とは言えず「不倫」にはなりません。

 

 

これに対し「浮気」の場合には「浮ついた気持ちによる交際」なので、既婚か未婚は問題になりません。

 

婚姻していない恋人同士のケースでも、パートナー以外の異性と親しく交際したら「浮気」になります。

 

肉体関係があるかないか

不倫と浮気は「肉体関係」を前提とするかどうかで異なります。

 

「不倫」という場合、通常は肉体関係がある状態を表します。

 

「人の道に外れる」というくらいですから、単に一緒に食事をしたりデートしたりする程度では足りず男女関係をもつ必要があるのです。

 

たとえば不倫相手を「愛人」というケースもありますが、通常「愛人」という場合、既婚者である旦那さんと相手の女性との間に肉体関係があるものです。

 

肉体関係がなかったら「愛人」とは言いません。

 

これに対し「浮気」の場合には、必ずしも肉体関係を前提としません。

 

たとえば「好き」「愛してる」などの親しげなメールを交わしていたり、お互いにプレゼントを贈り合ったりデートしていたりするだけで「浮気」となります。

 

基準が明確かどうか

不倫と浮気は、判断基準が明確かどうかという点でも異なります。

 

不倫の場合、通常は「肉体関係」があったら成立します。

 

これに対し「浮気」の基準は不明確で、人によって尺度が異なります。

 

「一緒に食事をしたら浮気」「高級レストランで食事したら浮気」「キスしたら浮気」など、さまざまな考え方があるでしょう。

 

「どこまでが浮気か」という問いかけに対して「正解」はありません。

 

不貞行為との違い

不貞行為

不倫や浮気に関連する言葉として「不貞」「不貞行為」があります。

 

これらと「不倫」「浮気」は何が異なるのでしょうか?

不貞とは

まずは「不貞」の意味を確認しましょう。

 

不貞は「配偶者のある人が配偶者以外の異性と男女関係になる行為」です。

 

不貞を行うことを「不貞行為」というケースもあります。

 

不貞という場合、行為者のどちらかは必ず既婚者です。

 

両方とも既婚者であっても「不貞」ですが、双方が未婚者の場合には「不貞」になりません。

 

また「不貞」となるには「男女関係」が必要です。

 

親しく交際していても性関係がなかったら「不貞」にはなりません。

 

こうして見ると「不貞」は「不倫」とほとんど同じ意味です。

 

違いは「不貞」は法律用語であり「不倫」は一般用語である点です。

 

そこで弁護士や裁判官などの法律家が不倫問題を議論するときには、「不倫」とは言わずに「不貞」や「不貞行為」という言葉を使います。

 

一方「浮気」と「不貞」には大きな違いがあります。

 

浮気の場合には未婚者同士でも成立しますし、男女関係がなくても成立する可能性があるからです。

 

また「浮気」も一般用語であり、弁護士などの専門家は「浮気」という言葉を使いません。

 

不倫、浮気、不貞が同じ意味で使われるケース

以上のように「不倫」「浮気」「不貞」について細かく見ていくと、それぞれ違いがありますが、これらが同じ意味で使われるケースも多いです。

 

そもそも不倫と不貞は内容的にはほとんど同じ意味ですし、浮気についても「夫婦が他の異性と交際して男女関係を持ったケース」では、「不倫」や「不貞」と同じ意味になるからです。

 

そこで「旦那や嫁が別の異性と交際して男女関係になっている」ケースにおいては、「不倫」と表現しても「浮気」と言っても「不貞」としても正しいです。

 

不貞が成立すると離婚や慰謝料を請求できる

浮気の慰謝料請求

不貞は法律的な言葉ですので、「不貞」が成立すると一定の「法律的な効果」が発生します。

 

不貞されたら離婚と慰謝料請求できる

旦那さまや奥さまが不貞していたら、不貞の被害者は不貞行為者である旦那さまや奥さまに離婚請求できます。

 

この場合旦那や奧さんが「離婚したくない」と言っても、裁判によって強制的に離婚できます。

 

また「不貞」が成立する場合には、配偶者と不貞相手(不倫相手、浮気相手)の双方に「慰謝料請求」できます。

 

不貞は配偶者に大きな精神的苦痛を与える不法行為であり、その精神的苦痛は賠償金によって償われるべきと考えられているからです。

 

不貞した本人は離婚請求できない

また「不貞」が成立すると、不貞した本人は、裁判(離婚訴訟)による離婚請求ができなくなります。

 

不貞は配偶者への重大な裏切り行為であり、非常に重い責任を発生させるものです。

 

自ら不貞しておきながら、相手が拒絶しているのに離婚を強要するのは不合理です。

 

そこで不貞された配偶者が協議や調停などで離婚に合意した場合をのぞき、不貞した本人からの離婚請求は認められなくなるのです。

 

旦那や奧さんが不貞したとき、「離婚してくれ」と言ってきても、こちらが応じなければ離婚は成立しません。

 

現実に不貞した旦那や妻は、不貞相手と結婚したいので今の配偶者に対して強硬に離婚を迫ってくるケースが多いのですが、そのようなときにも慌てる必要はありません。

 

法律上の不貞が成立したときの効果

以上をまとめると、法律上の「不貞」が成立した場合の効果は以下の通りです。

 

  1. こちらから離婚裁判をすると旦那さんや奧さんと離婚できる
  2. 旦那さんや奧さん、不貞相手に慰謝料請求できる
  3. 旦那さんや奧さんから裁判によって離婚請求される心配がなくなる

 

以上が「不貞」「浮気」「不倫」それぞれの意味内容や違いですが、実際にはこれらが混同されて同じように使われるケースも多いです。

 

一般的には「浮気」というケースが多く見られるので、以下では主に「浮気」という言葉を使って説明をしていきます。

 

旦那や嫁の浮気/不倫を見抜く方法

浮気を見抜く方法

結婚生活において旦那さんや奧さんが浮気や不倫をしていたら大変ショックですし、きちんと慰謝料請求などをしたいところです。

 

しかし自分の知らない間に浮気されている可能性もあります。

 

浮気に気づかなければ、離婚を考えるきっかけも与えられず慰謝料請求もできないままで終わってしまいます。

 

また「怪しい」と感じても決定的な判断基準がないため、自分の中で悶々と過ごしてしまうケースも多いです。

 

以下では旦那や嫁の「浮気を見抜く方法」をご紹介します。

 

浮気/不倫している旦那の特徴

旦那の浮気

まずは旦那さんが浮気している場合の見抜き方を説明します。

 

浮気していると、旦那さんは以下のような行動をとる例が多いです。

  • 帰りが遅くなる
  • 残業や休日出勤が増える
  • メールが減る、タイミングが変わる
  • 家族に対する関心を失う
  • スマホを手放さない
  • スマホやPCにロックをかける
  • しょっちゅう誰かと通話やLINEなどをしている
  • 子供に急に冷たくなる
  • 目を合わさなくなる
  • 挨拶をしなくなる
  • 休日一緒に過ごさなくなる
  • 「はじめから嫌いだった」と言って離婚を迫ってくる
  • 切れやすくなる
  • 性交渉を求めてこなくなる
  • 突然優しくなる

上記のうち、3つ以上あてはまるものがあるならば、浮気している可能性を疑った方が良いでしょう。以下ではそれぞれについて、説明を加えます。

 

帰りが遅くなる

旦那さんが浮気すると、会社帰りなどに浮気相手と会うので帰りが遅くなるケースが多いです。

 

たとえば今まで夕飯までには返ってきていた旦那さんが、毎晩10時以降に帰宅するようになって「ご飯は要らない」などと言う日が増えたら要注意です。

 

残業や休日出勤が増える

旦那さんが浮気すると、妻には「今日は残業があるから」「休日出勤が入ったから」などと言って実は浮気相手と会っているというパターンが多いです。

 

仕事内容が変わっていないのに急に残業や休日出勤が増えた場合には、浮気を疑いましょう。

 

メールが減る、タイミングが変わる

これまで妻に頻繁にメールをしていたのに、急にメールをしなくなった場合にも何かが起こっている可能性があります。

 

妻がメールしても返事してこなくなったり、今まで決まった時間にメールしてきていたのに不規則になったり遅れたりするようになったりした場合にも注意が必要です。

 

家族に対する関心を失う

今までは家族思いだった旦那さまも、浮気すると突然家族に対する関心を失うものです。

 

子供の話や日常生活の話をしても、生返事ばかりで聞いてくれなくなったら、何かあったのではないかと疑ってみるべきです。

 

スマホを手放さない

浮気した旦那さまは、スマホを手放さなくなるケースが非常に多いです。お風呂場にも持っていくケースも珍しくありません。

 

これまでスマホに無頓着だった人がスマホばかり見るようになったら要注意です。

 

スマホやPCにロックをかける

旦那さまが浮気をすると、浮気相手とスマホやPCで連絡を取ったり浮気相手との写真をPCやスマホに保存したりします。

 

そういったものを妻に見られると浮気がバレるので、スマホやPCにロックをかけます。

 

今までロックしていなかった旦那さまが突然ロックし始めたら浮気を疑ってみた方が良いでしょう。

 

しょっちゅう誰かと通話やLINEなどをしている

浮気すると、しょっちゅう浮気相手の女性と連絡を取りたくなるものです。

 

そこでちょっとした時間を見つけてはスマホを使って電話やメール、LINEなどをし始めます。

 

子供に急に冷たくなる

旦那さまが浮気した場合によくあるパターンとして「子供に冷たくなる」ケースが非常に多いです。

 

それまで「子煩悩」だった父親がいきなり子供に冷たくなり、子供が何を言っても相手をしなくなるケースも多いですし、時には子供に対して激しく怒鳴りつけたり暴力を振るったりするケースもあります。

 

子供への態度が急に変わった場合には浮気を疑ってみるべきです。

 

目を合わさなくなる

旦那さまが浮気すると、気まずさを感じて奥さまと目を合わせられなくなるケースが多いです。

 

会話するときなど、急におどおどした態度を取りだしたら浮気を疑いましょう。

 

挨拶をしなくなる

今まで「おはよう」「行ってきます」「ただいま」「お休み」などの挨拶をしていたのに、自分からは言わなくなった場合やこちらから挨拶しても無視するようになった場合には、何かあったのではないかと疑うべきです。

 

休日一緒に過ごさなくなる

旦那さまが浮気すると、家族と休日に一緒に過ごさなくなるケースが多いです。

 

それまでは一緒に公園に行ったり旅行に出掛けたりしていた旦那さまが、突然「一人で過ごしたい」などと言い出す例などもあります。

 

ただしこの場合、旦那さまが「うつ病」になっている可能性もあるので注意が必要です。

 

「はじめから嫌いだった」と言って離婚を迫ってくる

旦那さまは浮気すると、今の奥さまと早急に別れたいと希望される方が多いです。そこで奥さまに対し「離婚してくれ」と言ってきます。

 

奥さまが離婚したい理由を尋ねても「はじめから嫌いだった」「性格が合わない」など抽象的な内容か不合理な理由しか言いません。

 

そんなときには浮気を疑いましょう。

 

切れやすくなる

旦那さまが浮気すると、たとえば奥さまがちょっとした失敗をした場合など、過剰に切れ出すケースがあります。

 

ただしこの場合もうつ病になっている可能性もあるので、見極めが必要です。

 

性交渉を求めてこなくなる

旦那さまが浮気をすると、奥さまに対して性交渉を求めてこなくなるケースが多いです。奥さまが誘っても断られるケースもあります。

 

突然優しくなる

旦那さまが浮気した場合、罪悪感から奥さまに対して突然優しくなるパターンもあります。

 

何もないのに突然プレゼントを買ってくれたり高級レストランに連れて行ってくれたりした場合には「もしかして別の女にも同じような行動をとっているのかも?」と疑ってみた方が良いケースがあります。

 

浮気/不倫している妻の特徴

妻の浮気

次に浮気している妻の特徴を見てみましょう。

  • 帰りが遅くなる
  • 外出が増える
  • 突然お洒落になる
  • 高価なアクセサリーを身に付けている
  • しょっちゅう誰かと通話やLINEなどをしている
  • スマホやPCにロックをかける
  • メールが減る
  • 子供を囲い込もうとする
  • 休日一緒に過ごさなくなる
  • 性交渉を拒絶する
  • 機嫌が悪くなる
  • 「あなたとの将来が見えない」と言って離婚を迫ってくる

上記のうち、やはり3つ以上あてはまるものがあれば、浮気を疑ってみた方がよいかもしれません。以下でそれぞれについて簡単に説明をします。

 

帰りが遅くなる

奥さまが浮気しているケースでも、やはり帰りが遅くなるパターンが多いです。

 

会社員やパートなどで、残業がないはずなのになぜか帰宅時間が遅くなったりした場合などには、何かあったのではないかと疑ってみた方が良いでしょう。

 

外出が増える

奥さまが浮気をすると、それまでよりも外出が増えるケースが多いです。

 

たとえば友人とランチをするとか友人と旅行に行く、サークル活動に参加するなどと言って家を出て、浮気相手の男性と会っている可能性があります。夜に家を出ていくケースもあります。

 

突然お洒落になる

奥さまが浮気をすると、それまでとはファッションセンスが変わるパターンが多いです。

 

今まで着なかったような色やデザインの洋服を着たり、髪型や化粧などに気を使うようになったりします。

 

高価なアクセサリーを身に付けている

奥さまがこれまでに見たことのないようなアクセサリーをつけている場合にも注意が必要です。

 

浮気相手の男性からプレゼントされたものや一緒に購入したものかもしれません。

 

しょっちゅう誰かと通話やLINEなどをしている

奥さまが浮気した場合にも、旦那さまのケースと同様やはりしょっちゅう浮気相手と連絡を取るので、スマホを使って通話やLINEなどを利用する頻度が高まります。

 

スマホやPCにロックをかける

奥さまの場合にも旦那さまの場合と同様、スマホに浮気の記録が残るので、スマホやPCにロックをかけるようになるケースがあります。

 

メールが減る

奥さまが浮気すると、旦那さまへのメールは減ります。

 

これまではラブラブなメールを送ってくれていたのに、突然メールしてこなくなったら浮気を疑ってみた方が良いかも知れません。

 

子供を囲い込もうとする

奥さまが浮気をした場合「旦那と離婚したい」と考える方が多いです。

 

そのとき自分が親権者になりたいので、子供を囲い込もうとする行動に出るパターンがあります。

 

たとえば突然子供に対し「パパよりママの方が良いよね」などと言ったり、父親の悪口を吹き込んだりしているようであれば、危機感を持った方が良いでしょう。

 

休日一緒に過ごさなくなる

奥さまが浮気した場合にも、家族と一緒に過ごす時間は減ります。

 

性交渉を拒絶する

奥さまが浮気した場合、旦那さまからの性交渉の要求を受け入れなくなる例が多数です。

 

特に思い当たる事情もないのに突然性交渉に応じてもらえなくなってその状態が続くようなら、浮気を疑ってみた方が良いケースがあります。

 

機嫌が悪くなる

奥さまが浮気すると、旦那さまに対して不機嫌になる例が多いです。

 

旦那さまが何を言っても「あなたにはわからない」「話が通じない」などと言われて怒られてしまいます。

 

「あなたとの将来が見えない」と言って離婚を迫ってくる

奥さまが浮気した場合にも旦那さまに対して離婚を迫るケースがあります。

 

この場合には「あなたとの将来が見えない」「生理的に受け付けない」などの理由を言われるパターンが多いので、参考にしてみてください。

 

また浮気した奥さまが離婚請求するときには、たいてい子供の親権を主張するものです。

 

そのまま言いなりに離婚になったら浮気した奥さまと浮気相手に子供まで奪われる結果になってしまうので、旦那さまは大変な不利益を受けます。

 

浮気/不倫しているのでは?怪しいと思ったときの対処方法

浮気の証拠

奥さまや旦那さまが浮気しているのではないか?と感じた場合には、以下のような手順で対処を進めていきましょう。

 

浮気の証拠を集める

まずは浮気の証拠を集める必要があります。

 

奥さまや旦那さまが浮気したときには離婚請求・慰謝料請求できますが、そのためには浮気の証拠が必要となるためです。浮気の証拠がなかったら、相手から「浮気していない」と言い訳されると、それ以上追及できなくなります。

 

また浮気の証拠がなかったら相手の方から離婚を請求されて、裁判によって離婚が認められてしまう例もありますし、子供も取られてしまうかも知れません。

 

浮気の証拠としては、以下のようなものを集めましょう。

  • メール
  • 写真
  • SNS、ブログなどの記録
  • 領収証
  • クレジットカード明細書
  • 通話履歴
  • 交通ICカードの履歴
  • 探偵事務所の調査報告書

中でも探偵事務所の調査報告書を入手すると、直接的に旦那や妻と浮気相手との「肉体関係」を証明できるので有効です。

 

探偵事務所に調査を依頼すると、探偵事務所のスタッフが旦那や嫁、浮気相手を尾行して、ホテルに入ったり浮気相手の家に宿泊したりしたところを押さえます。

 

浮気相手の素性がわからない場合にも、探偵事務所に依頼すると氏名や住所などが判明するケースが多いです。

 

他の証拠では、旦那さまや妻と浮気相手が仲良く交際しているところまではわかっても「肉体関係」までは証明できず、効果的に浮気を立証できない可能性があります。

 

手持ちの証拠の証明力が低いかもしれないと心配であれば、一度探偵事務所に相談してみると良いでしょう。

 

なお浮気の証拠の集め方については次の記事に詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

あとで読む!
浮気の証拠
浮気の証拠になるものとは?効果的な集め方と使い方を完全解説!

  夫や妻が浮気したら、何から始めたら良いのでしょうか?   まずは「浮気の証拠」の収集を何より優先すべきです。   配偶者と離婚するにも復縁するにも、浮気の慰謝料請求を ...

旦那や嫁を問い詰める

証拠を集めたら旦那さまや奥さまを問い詰めましょう。

 

「浮気しているのではないか?」と言い、もしも否定したら「証拠を持っている」と告げて認めされます。

 

このとき「浮気の自認書」も書いてもらうと後に有利になりやすいです。

 

「〇年〇月頃から〇〇さんと不貞関係にありました」などと書いてもらうと良いでしょう。

 

ここで注意しないといけないのは「浮気していました」では足りないという点です。

 

当初に説明した通り「浮気」は肉体関係がない場合も含む広い概念の一般用語です。

 

もしも「浮気」と書かれた場合、後に「肉体関係はありませんでした」などと言われて誤魔化されるおそれがあります。

 

「不倫」の場合には一般的にも肉体関係を表すので間違いではありませんが、お勧めではありません。

 

法律的に正しい「不貞の証拠」を手に入れたいなら「不貞していました」「不貞関係にありました」あるいは「肉体関係がありました」「性関係がありました」とはっきり書かせるべきです。

 

浮気相手に慰謝料請求するかどうか検討する

浮気の慰謝料請求

旦那さまや奥さまが浮気を認めた場合やはっきりした浮気の証拠が手元にある場合には、浮気相手に対する慰謝料請求をするかどうか、検討しましょう。

 

旦那さまや奥さまが浮気したら、離婚してもしなくても慰謝料が発生します。

 

ただし離婚しなければ慰謝料の金額は減ります。

 

また浮気相手に慰謝料請求すると、旦那さまや奥さまとの関係が悪化して夫婦関係の維持が難しくなるケースもあります。

 

一方で浮気相手に慰謝料請求したのがきっかけで旦那さまや奥さまが反省して戻ってくるケースもあるので、判断には迷うところです。

 

慰謝料請求が夫婦関係に及ぼす影響について心配であれば、夫婦カウンセラーや離婚問題に強い弁護士などに相談する方法もあります。

 

探偵事務所に浮気調査を依頼した場合には提携している離婚弁護士を紹介してもらえる例もあるので、必要に応じて聞いてみましょう。

 

離婚するかどうか考える

旦那さまや奥さまの浮気(不貞)は離婚原因になりますから、自分さえ離婚を望めば離婚できます。

 

反対に相手からの離婚請求(訴訟)は認められないので、離婚するかしないかは自分の一存で決められる状態となります。

 

つまり旦那さまや奥さまが浮気したケースでは「離婚するかどうか?」という重大な決断を迫られる結果となるのです。

 

このとき重要なのは、以下のような要素です。

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権者
  • 養育費
  • 年金分割
  • 面会交流
  • 離婚後の生活

これらの点についてしっかりと検討し、離婚しても不利益を受けないか、生活に困らないかなど明確なビジョンを打ち立ててから離婚すべきです。

 

慰謝料については相場の金額がありますし、財産分与は基本的に夫婦が2分の1ずつとなります。

 

子供の親権者は浮気した配偶者にも認められる可能性があるので、相手にとられるリスクも考えておかねばなりません。

 

さらに離婚後どのような環境でどのようにして生活していくのか、十分な収入を得られる見込みがあるのかなども検討しておくべきです。

 

離婚慰謝料の金額はケースによって異なりますが、100万円~300万円程度の幅になる例が多いです。

 

離婚後の長い人生を生きて行くには少なすぎる金額ですから、「慰謝料をもらえるから生活は大丈夫」というわけにはいきません。

 

特に小さなお子様がおられる場合などには、離婚すべきかどうか慎重に判断しましょう。

 

離婚すると決めたら、相手と話し合いをして離婚条件を決めて協議離婚をします。

 

もし協議が成立しなければ離婚調停、それでもダメなら離婚訴訟によって離婚できます。

 

離婚しないのであれば、双方の歩み寄りと努力によって夫婦関係を修復していく必要があります。

 

二人で解決するのが難しければ、夫婦カウンセリングなども利用しながら前に進んでいきましょう。

 

まとめ

今回は「不倫」と「浮気」「不貞」の違いを説明するとともに、配偶者の浮気/不倫の見分け方や浮気されたときの対処方法を説明しました。

 

旦那さんや奧さんが「浮気」や「不倫」をしてそれが「不貞」になる場合には、浮気の証拠を集めた上で離婚や慰謝料請求するかどうか検討しましょう。

 

困ったときには探偵事務所や弁護士、夫婦カウンセラーなどの専門家の力を借りると不利益を避けられやすいので、積極的に利用してみてください。

 

  • この記事を書いた人
福谷陽子

【元弁護士】福谷 陽子先生

京都大学在学中に司法試験に合格し、弁護士登録。勤務弁護士を経て、法律事務所を設立・運営。弁護士時代は離婚や男女問題の相談がとても多く、浮気の慰謝料請求を始めとして、財産分与、子供の親権、DVなどの事件に取り組む。女性の視点から、丁寧かつ柔軟にきめ細かい対応を行い、「カウンセラーに相談するより先生に相談した方が良い」などと言われ、口コミでも評判の人気弁護士となる。その後体調不良により弁護士事務所を一時閉鎖。現在は10年間の弁護士経験を元に法律の解説を中心とした執筆に専念。

更新日:

Copyright© 浮気調査クエスト! -浮気調査の悩みをスッキリ解決! , 2019 All Rights Reserved.