浮気調査するときの尾行のコツと、尾行でやってはいけないこと

浮気調査の尾行のコツ
尾行は、コソコソとついていくイメージがありませんか?

 

漫画などの影響もあると思いますが、電柱の影に隠れたり、マスクをして帽子を被って黒いコートを着て目が合わないように視線をズラし、尾行の対象者をできるだけ見ないようにする。

 

そんな尾行をイメージしていませんか?それは完全に間違いです。

 

想像してみてください。あなたが街の中で振り返ったとき、帽子を深く被ったマスクの人がいたらどう思いますか?完全に怪しくて「なんだこの人?」と思うのではないでしょうか?

 

さらにそれが浮気している時などなら、もっと気になるはずです。

 

尾行は堂々とついていく。そして失敗しないために色々とコツがあるのでお教えします。

 

尾行で1番大切なのは堂々としていること

浮気調査の尾行のコツ

尾行をする上でまず1番大切なのが、堂々としていること。「堂々と」と言っても偉そうに歩けという訳ではありません。

 

いつも通り街中を歩きます。目があっても、対象者が振り返っても隠れもしませんし、目線もそらしません。

 

堂々といつも通り歩きましょう。

 

隠れる必要はありません。

 

もしあなたが振り返った時、物陰に隠れる人がいたら不自然ではありませんか?

 

例えば、あなたが振り返った時、不自然なのはどちらでしょうか?

  1. なんだこいつ?とあなたの顔を訝しげに見る人
  2. あなたから目をそらし隠れる人

 

おそらく2番の人の方が不自然ではないでしょうか?

 

そうやって不自然だなと思った人は、その日あなたの記憶に残ります。

 

一度記憶に残ってしまった人は、その後に見た場合も不自然に思いやすい。

 

不自然に思われた人は、尾行していると「つけられている」と思われて警戒されてしまいます。

 

そして注意を引かないことが1番大切です。

 

隠れる行為は注意を引いてしまうので、想定外のことが起こっても自然と通り過ぎましょう。

 

尾行のコツは尾行らしい行動を取らないことです。堂々としていましょう。

 

見失わないためにやるべきこと

浮気調査で尾行するコツ

尾行をする時、1番大切なのは見失わないことです。

 

街の中、建物の中、エレベーター、飲食店など様々な状況を想定しておきましょう。

 

状況によっては見失う可能性があるからですね。

 

例えば建物の中に入って人混みに隠れそうになった時に同じような服装の人がいれば、どちらが尾行の対象者かわからなくなってしまいます。

 

尾行はある程度の距離をとるので、わからなくなってしまうかもしれません。防ぎようがない。

 

だからその時に、どちらが対象者かわかるように準備をしておく必要があります。

 

見失わないように、特徴を覚える

まず尾行する対象者を見つけた場合は様々な特徴をメモに残しておきます。

 

  • 服装や髪型
  • カバンの色や形
  • 歩き方や癖

などを、できるだけ詳細にメモしておきましょう。

 

服装の柄やメーカーを詳細に書いておくことは大切です。

 

どこかで一瞬でも見失った場合に、できるだけ早く見つけるためにわかりやすい目印があると、とても良いと思います。

 

服装の他にも髪の色や髪型なども、わかりやすい特徴になります。

 

髪は1番高いところにあるので、人混みの中でも確認がしやすいです。

 

そして歩き方や癖などにも、気を配っておきましょう。

 

ガニ股だったり、踵を擦って歩いたり、右足と左足のどちらに重心があるかや、信号では貧乏ゆすりをしてしまうなどの癖がある人があります。

 

さらに猫背、ズボンの長さや、歩く時の横や縦の揺れ方などを把握しましょう。

 

一定の距離を保つ

尾行する上で、距離感はとても大切です。

 

堂々ととは言いましたが、さすがに5mしか離れていないのはおかしいですよね。

 

ずっと5m以内にいる人は不自然でしょう。

 

かといって、距離は指定できるものではなく、人混みの具合などにもよります。

 

そして人混みならまだ良くて、人通りの少ない道に入られてしまったら、隠れることが難しくなるので、かなりの距離をあけて尾行を続ける必要があります。

 

その時に役立つのが、歩く速さを同じにしておくことです。

 

まだ人混みのなかにいる時に、歩行速度を合わせておくと距離が開いても尾行がしやすくなります。

 

そして性格によって歩くペースが変わることも、観察しておきましょう。

 

例えば、信号が代わり始めたらダッシュするなどを知っておくと信号などで離されずに済みます。

 

建物内での尾行のコツ

浮気調査の尾行のコツ

街中だけでなく、建物内でも尾行は続きます。

 

街中の商業施設に入って行くことは、よくあります。

 

ただ建物内では距離が離れすぎていると、物陰が多くすぐに見失ってしまうので、街中よりも対象者との距離は短めです。

 

店に入った場合はあなたも一緒に店に入り、ショッピング客の振りをしながら尾行を続けます。

 

狭い店内だからと言って、外で待っているのはNG。

 

なぜなら店から出るたびに、同じ人が立っていたら気になりませんか?

 

後追いで入って、後追いで出る。

 

そうすれば、出口が複数あっても見逃さないでしょう。

 

もしくは完全に監視できるなら向かいの店舗に入るという手もあります。

 

エレベーターは一緒に乗る

エレベーターに乗った場合は、とても迷うところですが一緒に乗りましょう。

 

姿が見えなくなってしまうのだけは、避けなければいけません。

 

もしエレベーターに人がたくさん乗っていれば、降りるフロアも同じで構いません。

 

もしあなたと対象者だけであれば、1つ先のフロアに降りて、急いで階段などで移動します。

 

もしエレベーターですぐに折り返せるのなら、そのままエレベーターで折り返しましょう。

 

その場合は一度フロアに降りて、行き先の方向のボタンを押すと確認できます。

 

閉まりかけで押した時に扉がひらけば折り返しができる、そのまま閉まればさらに先のフロアで待っている人がいるせいで、折り返しができないのです。

 

飲食店などは先に支払いを済ませる

飲食店などに入った時は、一緒に入店しましょう。

 

見える席を指定できるのなら指定しましょう。

 

その時、対象者の背後に座れる席が選べれば完璧です。

 

振り返ったりせずに自然にしているだけで、見張れる席を選んで座ってください。

 

そしてまず、できるだけ早くオーダーをすませます。

 

対象者より先にオーダーをすませるのがベスト。

 

さらに料理やドリンクは、出てくるのが早いものをオーダーしましょう。

 

そして支払いが後の飲食店の場合、遅れて出てもおいて行かれないように先に支払いを済ませておきます。

 

こうすれば、後追いで飲食店に入って同じタイミングで出れます。

 

尾行は複数人で行うべき

尾行をする場合、できれば1人ではなく複数人でしましょう。

 

なぜなら、行動の先読みができない場合に複数人いれば、その先読みをせずにすべてに対して待ち伏せできるからです。

 

特に大きな商業施設に入った場合、見逃してしまう可能性はありますが、複数人なら全ての出入り口で、待ち伏せできます。

 

1人で入るのが不自然な飲食店でも自然に入れますし、複数人であれば入れ替わりながら尾行をすればバレにくいでしょう。

 

なので、複数人で尾行をすることをおすすめします。

 

浮気を調査する場合に証拠になる条件

浮気の証拠
浮気を調査する場合には、一緒にいた写真を撮っただけでは浮気の証拠になりません。

 

浮気の証拠は、いくつかの条件が必要になります。

さらに

  • 離婚裁判を見据えている場合
  • 復縁がしたい場合

の2つの場合について、必要な条件は変わってきます。

 

離婚裁判を見据えている場合

1つ目が離婚裁判を見据えている場合です。

 

この場合は、「性行為を確認または推認できる証拠」として複数回の不貞の証拠が必要になります。

 

要するに肉体関係を証明できるかどうかに焦点があたります。

 

具体的に言えば、自宅の出入りだけだと不貞の証拠にまでならないので、浮気の証拠になり得ません。ラブホに出入りする写真なら肉体関係を証明できます。

 

自宅だけの場合は少し弱いので、複数の複合的な証拠が必要です。

 

手を繋いだり、普通の友人であれば考えられない状況の写真などが必要です。

 

復縁がしたい場合

もし話し合ってやり直したいと思っているのなら、そこまで確信的な証拠は必要ありません。

 

浮気していると認めればOKです。

 

不貞の証拠までは必要なく(あればいいけど)、相手がどんな人物かなどが必要です。

 

例えば住所や電話番号、勤め先。それに一緒にいる写真を何枚かでも可能です。

 

ただし浮気相手に浮気の慰謝料を請求するなら、不貞の証拠が必要になります。

 

顔を知られている人に尾行はできない

尾行のコツ

ここまで読んでいただいて色々わかったと思いますが、まず大切なのは浮気調査の尾行はあなたにはできないということです。

 

顔がバレていれば、隠すしかなくマスクや深い帽子をかぶる必要があります。

 

そうなれば絶対に怪しい人物の出来上がりです。

 

もし自然に顔を隠せたと仮定しても、あなたの仕草を知っているあなたの旦那さんや彼氏を尾行したところで絶対にバレてしまいます。

 

だから尾行するとしても誰かに依頼するしか方法はありません。

 

かといって、友人に頼めるかというと尾行なんて、ほぼ無理でしょう。

 

まず顔を知らない人が写真だけ見て尾行をするのはできないでしょうし、細心の注意を払ってバレないように行動する必要があり、バレてしまっても友人を責めることはできません。

 

尾行は探偵に依頼しましょう

探偵の浮気の証拠

尾行は簡単にできるものではなく、あなたがやらなければ誰がやってくれますか?

 

そんな協力的な人はいないはずですし、いたとしてもやめておいた方がいいでしょう。

 

バレた時のことを考えた時にリスクが大きいからです。

 

浮気の調査で尾行をするには、絶対に見つからないこと。そして証拠を掴めることが必要になります。

 

見失わないようにGPSを設置したり、携帯を盗聴したり。

 

ちなみにこれらの行動は法律違反ですので、GPSや盗聴のデータは裁判などで証拠として使えません。

 

逆に刑事罰で訴えられてしまいます。だから浮気の証拠はラブホに出入りする写真が多いのです。

 

このような浮気の証拠を押さえるのは、プロの技であり素人がやっても簡単にできるものではありません。

 

そもそもあなたはできませんから。

 

そして私なら自分の奥さんや彼女が他の男性と仲良くする状況を見ながら我慢はできませんし、ましてやラブホテルに入るところを写真に撮ってる余裕なんてないでしょう。

 

できれば見たくありません。そうならないためにも、探偵に依頼するのがベストです。あなたはこれ以上屈辱を受ける必要もありません。

 

尾行なら探偵に依頼することを検討してみてください。

 


続けて読む!
浮気調査探偵
浮気調査で評判がいい!おすすめの探偵事務所・興信所を地域から選ぶ

都道府県別におすすめの探偵事務所・興信所を一覧にしました! 北海道 北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 北陸・甲信越 新潟 富山 石川 ...

 

浮気調査でおすすめの探偵事務所・興信所ランキング!

原一探偵事務所

原一探偵事務所
  • 創業44年調査実績110,000件以上の老舗探偵事務所
  • 調査員は調査歴20年以上のベテラン揃い
  • 夫婦カウンセラーの相談員が多数在籍
  • 全国18拠点で当日調査も可能
メール・電話相談 24時間365日対応 全国対応
無料
見積もり 当日調査 クレジットカード
無料 可能 原一探偵事務所口コミ

当サイトから無料相談を始めれば

\\今なら基本料金が半額!//

原一探偵事務所の基本料金半額半額クーポン

無料電話相談0120-751-216

総合探偵社AMUSE(アムス)

  • 浮気調査中のリアルタイム報告
  • 調査員はキャリア15年以上のベテラン揃い
  • 浮気調査費用は低水準で明朗会計
  • 相談員は夫婦カウンセラーの有資格者
メール・電話相談 24時間365日対応 全国対応
無料
見積もり 当日調査 クレジットカード
無料 可能

 

無料電話相談0120-104-080

響・Agent

響・Agent
  • 弁護士運営で安心の料金設定
  • 調査成功率95%以上の調査力
  • 弁護士監修の裁判でも使える調査報告書
  • 経験豊富なカウンセラーの徹底サポート
メール・電話相談 24時間365日対応 全国対応
無料
見積もり 当日調査 クレジットカード
無料 可能

無料電話相談0120-112-396

  • この記事を書いた人
明男

akio

ガジェットオタクのライター。浮気されて苦しんでいる方のために情報を提供します!

Copyright© 浮気調査クエスト! -浮気調査の悩みをスッキリ解決! , 2019 All Rights Reserved.